東京の白いトーデ・ストリープ

作家名〜空がみえる

Default

本棚に追加する: 0

――働いてしまったんだから、仕方ないだろう  彼は無性に憤っていた。そんな折、ゼミの大学教授の言葉が鮮明に脳裏に蘇り、意識の表面へと執拗に焼き付いてくるのである。

並び替え