【 隠しミッキー的な言語センス 】  

三津凛

まるで、海のように深いブルー。
底がどこだかわからない。
「みんなの執事」
ハリー・ポッター……
「事件が僕を呼んでいるからさ」

ふんふーん、とさらさら読めてしまうけど気を抜いた時にこういう表現に当たると、「ふふっ」となってしまう。
痒いところに手が届くような、言葉の使い方を知っているのだなぁと思う。
こういうディズニーランドでいえば「隠しミッキー」的な(主観だけれど)光る言葉を見つけるのが大好きな身としては序盤から面白いなあと思ってしまう。
人物についてはまだまだこれから細部が分かってくると思うので深くは立ち入らない。
けれど、主人公のレニーや「みんなの執事」ことアル、レイチェルなどキャラが立っていてワクワクする。
私はこういう人物造形をあまり丁寧に作り込まないから、素直に凄いと思う。
まだ作者による「仕掛け」は始まったばかりだろうから、これ以上余計なことは書かずに本棚に収納してじっくーり楽しんでみることにする。

公開日時:2017-12-24

この話評にいいねを送る: 0

コメント一覧

コメント数:0件
まだコメントが投稿されていません