【 そもそも何が正しいのか 】  

忘れな草

 私はキリスト教徒なのですが、聖書には神が男から女を作ったと書かれています。
 しかし、現代科学では女から男に分化する事が明らかです。
 聖書と科学の齟齬は多い。

 社会が要求する「性」は、sexでは無く、genderですね。sexの違いは如何ともし難いのでgenderを問題にしている。私は経済効率の問題だと思いますね。

 自由気ままに生きられるのなら、別に男が家事育児をしても、女が工業的な仕事をしても全然問題無いです。競争した時には生産性が問題になるので、男が優位になる。結局、殆どは人間のエゴだと思います。
 大昔、ルソー、ホッブズ、あるいはベンサムが提唱した競争原理とか、原初の野生状態と言うのも、動物が必ずしも常に競争をしているかと言うとそんな事は無い。
 私は、多産が問題だと思います。沢山生まれるから資源を巡る競争が起こり、必然的に社会がgenderを必要とする。もしも、人間が競争を必要としなくなれば(あり得ない気もしますが)genderは消滅するでしょう。
 近代では労働が機械に拠って代替され始めているのでこうなっている。晩婚化も進んでいる。
 昔は大目に生まないと死んでしまったのですよね。
 

公開日時:2018-05-12

この書評にいいねを送る: 0

コメント一覧

コメント数:1件
Img 357920171209172409
三津凛 15日前

ありがとうございます。セックスではなく、ジェンダーという点分かります。